整骨院はスポーツ選手の味方

整骨院はスポーツ選手の味方

僕は中学校に入って陸上競技を始めました。

もともと外で走り回ることが好きで、小学校の頃は休み時間になると外に出て行って鬼ごっこをしたり、けいどろをしたりして遊んでました。

足の速さに結構自信があって、陸上部に入ると毎日やる気満々でグラウンドで走ってました。

高校に上がっても陸上を続けたんですが、ここからが大変。

スポーツをしていた人は知っているかもしれませんが、筋肉がしっかりつき始めるのが大体高校生からで、筋肉が出来上がってくるとけがをしやすくなるんです。

中学時代にはそれほど大きなけがもなかった僕なんですが、高校2年生に上がる頃に腰を痛めてしまいました。

それでも無理して練習をしたらハムストリングが肉離れしてしまいました。ダブルパンチ。

まさか自分がこんなにボロボロになるとは思いませんでした。

そこで整骨院と整体に通うようになりました。

でもやっぱりそんなにすぐによくはならなく、練習もまともにできなくてあのときは相当落ち込んでいました。

通っているうちに先生が僕のことをいろいろ覚えてくれたらしくて、部活のことや普段のことまで話しているうちに治療が終わってしまい、もう終わりか、みたいな感じで通うのが毎回楽しみになっていたんです。

家でも先生に教わったストレッチをしたりした努力もあってか、だんだん痛みも和らいで走れるようになると、今後の治療のことなど丁寧に教えてくれたりしたことを覚えています。

元通りとまではいかなかったけれど、整骨院、整体にいってよかったと思っています。

あのときの先生に感謝したい気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする