腰痛と上手に付き合おう

腰痛や坐骨神経痛の人、身体硬くないですか?

腰痛や坐骨神経痛持ちの人って結構みかけますよね。

最近は若い人にもよく見受けられます。

腰痛もなかなか辛いのですが、坐骨神経痛も腰痛ぐらい辛いですよね。
私は両方持ち合わせていたのでかなり辛かったです。

とくに悪化した時は足が痺れてきたりもしました。

病院にもなかなか行けないし、整形外科っていつも混んでるイメージで長時間まつなんて…って感じですよね。

でも重度でなければ病院に行く前に治すことできるんです。
どんな方法だと思いますか?

日々のストレッチが身体を変える!

それは「日々のストレッチ」なんです。

なーんだ、そんだけ?って思った方いませんか?
でもそれだけとあなどってはいけないんです!

主な筋力の腹筋・背筋は背骨を支えるコルセットと言われるくらい腰が上半身を支えるのに大事です。
そして身体が硬いとなかなかに身体は解れないものです。

でも、腰痛や坐骨神経痛持ちの人の多くの人が身体が硬くそして腹筋・最近の筋力がないんです。

腹部の筋力(主に腹筋・背筋)が無いと背骨が上半身の体重を一身に受けることになります。

人間の上半身の体重は約6割と言われています。

6割を背骨が筋力なしに支えると考えてください。

背骨に毎日大きな負担がかかるのがわかりますよね。

そして筋力だけでなく身体が解れていないと骨盤が歪む原因にもなり坐骨神経痛の要員になります。

いかがでしょうか、日々のストレッチの大切さがわかりましたか?

短時間でも続けることが大事

腰痛や坐骨神経痛は風邪などとは違って長い時間をかけて治していかなければなりません。

腰痛や坐骨神経痛自体が日々の積み重ねから起きているのですから治すのも当然同じくらい時間がかかります。

ですが、たったお風呂上りに柔軟やストレッチをするだけで変わります。
1週間続けるだけでもかなり変わります。

私がそうでした。

とくに柔軟は1週間で自分が少しずつ柔らかくなるのがわかります。
変化がわかると続けたくなりますよね。

私はそのおかげで腰痛と坐骨神経痛は治りました。
しかし油断はせず日々ストレッチをしています。

ストレッチといっても簡単な柔軟などからにしましょう。
自分が毎日続けられるメニューにするのが大事なのです。

そして身体が柔らかいと怪我もしにくくなります。

まさに一挙両得ですよね!

みなさんも日々のストレッチで身体を軽くし腰痛や坐骨神経痛とはサヨナラしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする